ミニステージ

 と 鹿


 

11月23日(木・)なかの芸能小劇場

開演 14:00 (開場 13:30)
料金 1500円 (全席自由)

鹿踊りのはじまり・蛙のゴム靴
出演   
小川智代・美沙・鈴木太二・高岡千紘
    
中島まゆ・山本正弘・渡辺萌奈
蠕虫舞手(アンネリダ タンツエーリン)
   
 〜春と修羅1より〜
語り・鈴木太二




2017チラシ表画像
 



ポランの会 判子画像
 開演:14時(開場は開演の30分前です) 全席自由



・チケットお申込みフォーム

・フォームからの送信が困難な場合は下記必要事項を明記の上、件名に【チケット】と書いて
下記メールよりお申し込みください
@お名前(フリガナ)
A連絡先 メールアドレス・電話番号・郵便番号・住所
B枚数

メール ticket@polan1010.com

電話 070-6515-3830



蠕虫舞手

 

(えゝ、水ゾルですよ
   おぼろな寒天の液ですよ)
日は金の薔薇
赤いちいさな蠕虫が
水とひかりをからだにまとひ
ひとりでおどりをやつてゐる
  (えゝ、8 γ e 6 α
   ことにもアラベスクの飾り文字)
羽むしの死骸
いちゐのかれ葉
真珠の泡に
ちぎれたこけの花軸など
  (ナチラナトラのひいさまは
   いまみづ底のみかげのうへに
   黄いろなかげとおふたりで
   せつかくおどつてゐられます
   いゝえ、けれども、すぐでせう
   まもなく浮いておいででせう)
赤い蠕虫舞手は
とがつた二つの耳をもち
燐光珊瑚の環節に
正しく飾る真珠のぼたん
くるりくるりと廻つてゐます
  (えゝ、8 γ e 6 α
   ことにもアラベスクの飾り文字)
脊中、きらきら燦いて
ちからいつぱいまはりはするが
真珠もじつはまがひもの
ガラスどころか空気だま
  (いゝえ、それでも
   エイト ガムマア イー スイツクス アルフア
   ことにも アラベスクの飾り文字)
水晶体や鞏膜の
オペラグラスにのぞかれて
おどつてゐるといはれても
真珠の泡を苦にするのなら
おまへもさつぱりらくぢやない
    それに日が雲に入つたし
    わたしは石に座つてしびれが切れたし
    水底の黒い木片は毛虫か海鼠のやうだしさ
    それに第一おまへのかたちは見えないし
    ほんとに溶けてしまつたのやら
それともみんなはじめから
おぼろに青い夢だやら
  (いゝえ、あすこにおいでです おいでです
   ひいさま いらつしやます
   8 γ e 6 α
   ことにもアラベスクの飾り文字)
ふん、水はおぼろで
ひかりは惑ひ
虫は エイト ガムマア イー スイツクス アルフア
    ことにもアラベスクの飾り文字かい
    ハッハッハ
  (はい またくそれにちがひません
    エイト ガムマア イー スイツクス アルフア
    ことにもアラベスクの飾り文字)

作 / 宮澤賢治
演出 / 小川智代

スタッフ

衣裳 / 榊 登司子美沙

制作 / 彩木 香里
製作・企画
ものがたりグループ☆ポランの会


facebook
facebook
どなたもいいね!を押して下さい。
決してご遠慮はありません。


youtube
まあ、あたしいつか見たいわ。
魚の口の形の星だなんてまあどんなに立派でせう。
それは立派ですよ。僕YouTubeで見ましたがね。

youtube

twitter
へん。誰か何か云ってるぜ。
赤いお方だろうか。鼠色のお方だろうか。
一つフォローをお見舞しますかな。