logo

 

宮澤賢治の童話 全作品の上演を目指して

 

「銀河鉄道の夜」「セロ弾きのゴーシュ」「注文の多い料理店」などの作品は誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、宮澤賢治は他にも沢山の童話を書いています。

その数は100近くになります。

ものがたりグループ☆ポランの会は、その全作品の上演を目指しています。

 

 

 賢治童話の哀しく厳しく優しく美しい普遍の世界を

 語り手自らも今の自分と重ねあわせ、感じ、考え

 「生きる」ということを伝えたい

 

宮澤賢治の描いた情景や状況、紡がれた言葉やリズムを、物語のままに伝えたいという思いから、筑摩書房の宮沢賢治全集をテキストとして使用し、一言一句変えず句読点にも留意して、表現することを基本としています。

物語を、地の文から登場人物の台詞まで、すべて一人で語る「一人語り」が主ですが、構成によっては、地の文、登場人物などを数人で演ずる「語り合わせ」もあります。

 

語り手は、宮澤賢治の創出した物語世界と向き合い、今、生きている自分とを重ね合わせ、感じ、考え、

ひとつの「ものがたり」を創ってゆきます。

 

賢治童話は、歳月が経過してもまったく色あせることなく、普遍で自由です。

人の想いや自然の在り方など、考えさせられ感じることがたくさんあります。

 

同じ物語でも、語り手が変わると、伝え方や伝えたいことが変わる ものがたりグループ☆ポランの会 の、

それぞれの賢治童話をどうぞお楽しみ下さい。

 

 

「伝えたい」という想いから

 

2004年、「宮澤賢治の童話を語りたい」という想いで、城山堅氏のもと、一人が一つの物語と、一年間向き合い、上演したのがはじまりです。

「ものがたりグループ☆ポランの会」という名称は城山氏につけていただきました。
「ポラン」というのは賢治童話作品の「ポランの広場」からのもので、この作品はのちに「ポラーノの広場」という作品へ改稿されます。そして、「ポラーノ」は「ポラリス=北極星」から賢治が創作した言葉であるという解釈があります。現在私たちが地球から見る星空で北極星は一つの大きな指標となっています。

「ものがたりグループ☆ポランの会」という名前には、そんな一つの指標の根源となれるように、という願いが込められています。

2009年、現体制の小川智代と彩木香里の二人を主宰として、新たにスタートしました。

衣裳や照明などにも工夫をして、より一層、物語の世界を感じていただけるような舞台創りをしています。

2014年、代表・彩木香里とし、より多くの方に宮澤賢治の童話をお届けできるよう

新たな試み、500円でのミニ・ステージをスタートさせました。

 

 

<沿革>

2004 ものがたりグループ☆ポランの会、発足

2005 どんぐりと山猫/よだかの星/やまなし/水仙月の四日

2006 狼森と笊森、盗森/祭の晩/まなづるとダァリヤ/よだかの星/月夜のでんしんばしら

2007 水仙月の四日/ツェねずみ/土神ときつね(制作:ルージャン・ポーモ)

2008 双子の星・二/オツベルと象/猫の事務所

2009 さるのこしかけ/気のいい火山弾/月夜のけだもの/いてふの実

2010 銀河鉄道の夜

2011 フランドン農学校の豚/蜘蛛となめくぢと狸/ツェねずみ/どんぐりと山猫/よだかの星

2012 土神と狐/注文の多い料理店/水仙月の四日/山男の四月/鹿踊りのはじまり

双子の星・一/双子の星・二/虔十公園林/ひのきとひなげし

2013 猫の事務所/蛙のゴム靴/気のいい火山弾/毒もみのすきな署長さん/水仙月の四日

烏の北斗七星/まなづるとダァリヤ/よだかの星/オツベルと象/月夜のけだもの

2014 

・2月  ミニステージ いてふの実/朝に就いての童話的構図/月夜のけだもの

・8月 十周年記念公演 銀河鉄道の夜 ヘヴィメタル Ver (音声ガイドつき上演)

・12月  若手公演 銀河鉄道の夜 ヘヴィメタル Ver (音声ガイドつき上演)

2015

・2月  ミニステージ めくらぶだうと虹/畑のへり/朝に就ての童話的構図

ツェねずみ/よだかの星/オツベルと象

・7月 (音声解説つき上演)

蜘蛛となめくぢと狸/注文の多い料理店/祭の晩/よだかの星/とっこべとら子/猫の事務所/ひのきとひなげし 
・10月 銀河鉄道の夜 ヘヴィメタル Ver (音声ガイドつき上演)
2016
・2月 ミニステージ 虔十公園林/薤露青/月夜のけだもの/まなづるとダァリヤ/永訣の朝
・8月 若手公演 さるのこしかけ/ツェねずみ/毒もみのすきな署長さん
よだかの星/狼森と笊森、盗森/月夜のけだもの
2017
・1月 新春語り初め バキチの仕事/山男の四月/さるのこしかけ/虔十公園林/ガドルフの百合/春と修羅
・2月 ミニステージ ねずみ三部作  ツェねずみ/鳥箱先生とフウねずみ/クンねずみ

        

 

<関連サイト>

 宮沢賢治研究会

 宮沢賢治学会イーハトーブセンター

 林風舎

 銀河の森と賢治さんの資料館

 賢治の事務所

 宮沢賢治の宇宙

 宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス

 イーハトーブ・ガーデン

 大角修のブログ

 

 

 

facebook
facebook
どなたもいいね!を押して下さい。
決してご遠慮はありません。


youtube
まあ、あたしいつか見たいわ。
魚の口の形の星だなんてまあどんなに立派でせう。
それは立派ですよ。僕YouTubeで見ましたがね。

youtube

twitter
へん。誰か何か云ってるぜ。
赤いお方だろうか。鼠色のお方だろうか。
一つフォローをお見舞しますかな。