ポランの会
フランドン農学校の豚

〔冒頭原稿一枚?なし〕

以外の物質は、みなすべて、よくこれを摂取して、脂肪若しくは蛋白質となし、その体内に蓄積す。」

とかう書いてあったから、農学校の畜産の、助手や又小使などは金石でないものならばどんなものでも片っ端から、持って来てはふり出したのだ。

 尤もこれは豚の方では、それが生れつきなのだし、充分によくなれてゐたから、けしていやだとも思はなかった。却ってある夕方などは、殊に豚は自分の幸福を、感じて、天上に向いて感謝してゐた。といふわけはその晩方、化学を習った一年生の、生徒が、自分の前に来ていかにも不思議さうにして、豚のからだを眺めて居た。豚の方でも時々は、あの小さなそら豆形の怒ったやうな眼をあげて、そちらをちらちら見てゐたのだ。その生徒が云った。

「ずゐぶん豚といふものは、奇体なことになってゐる。水やスリッパや藁をたべて、それをいちばん上等な、脂肪や肉にこしらへる。豚のからだはまあたとへば生きた一つの触媒だ。白金と同じことなのだ。無機体では白金だし有機体では豚なのだ。考へれば考へる位、これは変になることだ。」

 豚はもちろん自分の名が、白金と並べられたのを聞いた。それから豚は、白金が、一匁三十円することを、よく知ってゐたものだから、自分のからだが二十貫で、いくらになるといふことも勘定がすぐ出来たのだ。豚はぴたっと耳を伏せ、眼を半分だけ閉ぢて、前肢をきくっと曲げながらその勘定をやったのだ。

 20×1000×30600000 実に六十万円だ。六十万円といったならそのころのフランドンあたりでは、まあ第一流の紳士なのだ。いまだってさうかも知れない。さあ第一流の紳士だもの、豚がすっかり幸福を感じ、あの頭のかげの方の鮫によく似た大きな口を、にやにや曲げてよろこんだのも、けして無理とは云はれない。

 ところが豚の幸福も、あまり永くは続かなかった。

 それから二三日たって、そのフランドンの豚は、どさりと上から落ちて来た一かたまりのたべ物から、(大学生諸君、意志を鞏固にもち給へ。いゝかな。)たべ物の中から、一寸細長い白いもので、さきにみじかい毛を植ゑた、ごく率直に云ふならば、ラクダ印の歯磨楊子、それを見たのだ。どうもいやな説教で、折角洗礼を受けた、大学生諸君にすまないが少しこらへてくれ給へ。

 豚は実にぎょっとした。一体、その楊子の毛を見ると、自分のからだ中の毛が、風に吹かれた草なやう、ザラッザラッと鳴ったのだ。豚は実に永い間、変な顔して、眺めてゐたが、たうとう頭がくらくらして、いやないやな気分になった。いきなり向ふの敷藁に頭を埋めてくるっと寝てしまったのだ。

 晩方になり少し気分がよくなって、豚はしづかに起きあがる。気分がいゝと云ったって、結局豚の気分だから、苹果のやうにさくさくし、青ぞらのやうに光るわけではもちろんない。これ灰色の気分である。灰色にしてやゝつめたく、透明なるところの気分である。さればまことに豚の心もちをわかるには、豚になって見るより致し方ない。

 外来ヨークシャイヤでも又黒いバアクシャイヤでも豚は決して自分が魯鈍だとか、怠惰だとかは考へない。最も想像に困難なのは、豚が自分の平らなせなかを、棒でどしゃっとやられたとき何と感ずるかといふことだ。さあ、日本語だらうか伊太利亜語だらうか独乙語だらうか英語だらうか。

さあどう表現したらいゝか。さりながら、結局は、叫び声以外わからない。カント博士と同様に全く不可知なのである。

 さて豚はずんずん肥り、なんべんも寝たり起きたりした。フランドン農学校の畜産学の先生は、毎日来ては鋭い眼で、じっとその生体量を、計算しては帰って行った。

「も少しきちんと窓をしめて、室中暗くしなくては、脂がうまくかゝらんぢゃないか。それにもうそろそろと肥育をやってもよからうな、毎日阿麻仁を少しづつやって置いて呉れないか。」教師は若い水色の、上着の助手に斯う云った。豚はこれをすっかり聴いた。そして又大へんいやになった。楊子のときと同じだ。折角のその阿麻仁も、どうもうまく咽喉を通らなかった。これらはみんな蓄産の、その教師の語気について、豚が直覚したのである。(とにかくあいつら二人は、おれにたべものはよこすが、時々まるで北極の、空のやうな眼をして、おれのからだをじっと見る、実に何ともたまらない、とりつきばもないやうなきびしいこゝろで、おれのことを考へてゐる、そのことは恐い、ああ、恐い。)豚は心に思ひながら、もうたまらなくなり前の柵を、むちゃくちゃに鼻で突っ突いた。

 ところが、丁度その豚の、殺される前の月になって、一つの布告がその国の、王から発令されてゐた。

 それは家畜撲殺同意調印法といひ、誰でも、家畜を殺さうといふものは、その家畜から死亡承諾書を受け取ること、又その承諾証書には家畜の調印を要すると、かう云ふ布告だったのだ。

 さあそこでその頃は、牛でも馬でも、もうみんな、殺される前の日には、主人から無理に強ひられて、証文にペタリと印を押したもんだ。ごくとしよりの馬などは、わざわざ蹄鉄をはづされて、ぼろぼろなみだをこぼしながら、その大きな判をぱたっと証書に押したのだ。

 フランドンのヨークシャイヤも又活版刷りに出来てゐるその死亡証書を見た。見たといふのは、或る日のこと、フランドン農学校の校長が、大きな黄色の紙を持ち、豚のところにやって来た。豚は語学も余程進んでゐたのだし、又実際豚の舌は柔らかで素質も充分あったのでごく流暢な人間語で、しづかに校長に挨拶した。

「校長さん、いゝお天気でございます。」

 校長はその黄色な証書をだまって小わきにはさんだまゝ、ポケットに手を入れて、にがわらひして斯う云った。

「うんまあ、天気はいゝね。」

 豚は何だか、この語が、耳にはひって、それから咽喉につかへたのだ。おまけに校長がじろじろと豚のからだを見ることは全くあの畜産の、教師とおんなじことなのだ。

 豚はかなしく耳を伏せた。そしてこはごは斯う云った。

「私はどうも、このごろは、気がふさいで仕方ありません。」

 校長は又にがわらひを、しながら豚に斯う云った。

「ふん。気がふさぐ。さうかい、もう世の中がいやになったかい。さういふわけでもないのかい。」

豚があんまり陰気な顔をしたものだから校長は急いで取り消しました。

 それから農学校長と、豚とはしばらくしいんとしてにらみ合ったまゝ立ってゐた。たゞ一言も云はないでじいっと立って居ったのだ。そのうちにたうとう校長は今日は証書はあきらめて、

「とにかくよくやすんでおいで。あんまり動きまはらんでね。」例の黄いろな大きな証書を小わきにかいこんだまゝ、向ふの方へ行ってしまふ。

 豚はそのあとで、何べんも、校長の今の苦笑やいかにも底意のある語を、繰り返し繰り返しして見て、身ぶるひしながらひとりごとした。

『とにかくよくやすんでおいで。あんまり動きまはらんでね。』一体これはどう云う事か。あゝつらいつらい。豚は斯う考へて、まるであの梯形の、頭も割れるやうに思った。おまけにその晩は強いふゞきで、外では風がすさまじく、乾いたカサカサした雪のかけらが、小屋のすきまから吹きこんで豚のたべものの余りも、雪でまっ白になったのだ。

 ところが次の日のこと、畜産学の教師が又やって来て例の、水色の上着を着た、顔の赤い助手といつものするどい眼付して、じっと豚の頭から、耳から背中から尻尾まで、まるでまるで食ひ込むやうに眺めてから、尖った指を一本立てて、

「毎日阿麻仁をやってあるかね。」

「やってあります。」

「さうだらう。もう明日だって明後日だって、いいんだから。早く承諾書をとれぁいゝんだ。どうしたんだらう、昨日校長は、たしかに証書をわきに挟んでこっちの方へ来たんだが。」

「はい、お入りのやうでした。」

「それではもうできてるかしら。出来ればすぐよこす筈だがね。」

「はあ。」

「も少し室をくらくして、置いたらどうだらうか。それからやる前の日には、なんにも飼料をやらんでくれ。」

「はあ、きっとさう致します。」

 畜産の教師は鋭い目で、もう一遍じいっと豚を見てから、それから室を出て行った。

 そのあとの豚の煩悶さ、(承諾書といふのは、何の承諾書だらう何を一体しろと云ふのだ、やる前の日には、なんにも飼料をやっちゃいけない、やる前の日って何だらう。一体何をされるんだらう。どこか遠くへ売られるのか。あゝこれはつらいつらい。)豚の頭の割れさうな、ことはこの日も同じだ。その晩豚はあんまりに神経が興奮し過ぎてよく睡ることができなかった。ところが次の朝になって、やっと太陽が登った頃、寄宿舎の生徒が三人、げたげた笑って小屋へ来た。そして一晩睡らないで、頭のしんしん痛む豚に、又もや厭な会話を聞かせたのだ。

「いつだらうなあ、早く見たいなあ。」

「僕は見たくないよ。」

「早いといゝなあ、囲って置いた葱だって、あんまり永いと凍っちまふ。」

「馬鈴薯もしまってあるだらう。」

「しまってあるよ。三斗しまってある。とても僕たちだけで食べられるもんか。」

「今朝はずゐぶん冷たいねえ。」一人が白い息を手に吹きかけながら斯う云ひました。

「豚のやつは暖かさうだ。」一人が斯う答へたら三人共どっとふき出しました。

「豚のやつはしぼうでできた、厚さ一寸の外套を着てるんだもの、暖かいさ。」

「暖かさうだよ。どうだ。湯気さへほやほやと立ってゐるよ。」

 豚はあんまり悲しくて、辛くてよろよろしてしまふ。

「早くやっちまへばいゝな。」

 三人はつぶやきながら小屋を出た。そのあとの豚の苦しさ、(見たい、見たくない、早いといゝ、葱が凍る、馬鈴薯二斗、食ひきれない。厚さ一寸の脂肪の外套、おゝ恐い、ひとのからだをまるで観通してるおゝ恐い。恐い。けれども一体おれと葱と、何の関係があるだらう。あゝつらいなあ。)その煩悶の最中に校長が又やって来た。入口でばたばた雪を落して、それから例のあいまいな苦笑をしながら前に立つ。

「どうだい。今日は気分がいゝかい。」

「はい、ありがたうございます。」

「いゝのかい。大へん結構だ。たべ物は美味しいかい。」

「ありがたうございます。大へんに結構でございます。」

「さうかい。それはいゝね、ところで実は今日はお前と、内内相談に来たのだがね、どうだ頭ははっきりかい。」

「はあ。」豚は声がかすれてしまふ。

「実はね、この世界にいきてるものは、みんな死ななけぁいかんのだ。実際もうどんなもんでも死ぬんだよ。人間の中の貴族でも、金持でも、又私のやうな、中産階級でも、それからごくつまらない乞食でもね。」

「はあ、」豚は声が咽喉につまって、はっきり返事ができなかった。

「また人間でない動物でもね、たとへば馬でも、牛でも、鶏でも、なまづでも、バクテリヤでも、みんな死ななけぁいかんのだ。蜉蝣のごときはあしたに生れ、夕に死する、たゞ一日の命なのだ。

みんな死ななけぁならないのだ。だからお前も私もいつか、きっと死ぬのにきまってる。」

「はあ。」豚は声がかすれて、返事もなにもできなかった。

「そこで実は相談だがね、私たちの学校では、お前を今日まで養って来た。大したこともなかったが、学校としては出来るだけ、ずゐぶん大事にしたはずだ。お前たちの仲間もあちこちに、ずゐぶんあるし又私も、まあよく知ってゐるのだが、でさう云っちゃ可笑しいが、まあ私の処ぐらゐ、待遇のよい処はない。」

「はあ。」豚は返事しようと思ったが、その前にたべたものが、みんな咽喉へつかへててどうしても声が出て来なかった。

「でね、実は相談だがね、お前がもしも少しでも、そんなやうなことが、ありがたいと云ふ気がしたら、ほんの小さなたのみだが承知をしては貰へまいか。」

「はあ。」豚は声がかすれて、返事がどうしてもできなかった。

「それはほんの小さなことだ。ここに斯う云ふ紙がある、この紙に斯う書いてある。死亡承諾書、私儀永ゝ御恩顧の次第に有之候儘、御都合により、何時にても死亡仕るべく候 年月日フランドン畜舎内、ヨークシャイヤ、フランドン農学校長殿 とこれだけのことだがね、」校長はもう云ひ出したので、一瀉千里にまくしかけた。「つまりお前はどうせ死ななけぁいかないからその死ぬときはもう潔く、いつでも死にますと斯う云ふことで、一向何でもないことさ。死ななくてもいゝうちは、一向死ぬことも要らないよ。こゝの処へたゞちょっとお前の前肢の爪印を、一つ押しておいて貰ひたい。それだけのことだ。」

 豚は眉を寄せて、つきつけられた証書を、じっとしばらく眺めてゐた。校長の云ふ通りなら、何でもないがつくづくと証書の文句を読んで見ると、まったく大へんに恐かった。たうとう豚はこらへかねてまるで泣声でかう云った。

「何時にてもといふことは、今日でもといふことですか。」

 校長はぎくっとしたが気をとりなほしてかう云った。

「まあさうだ。けれども今日だなんて、そんなことは決してないよ。」

「でも明日でもといふんでせう。」

「さあ、明日なんていふやうそんな急でもないだらう。いつでも、いつかといふやうな、ごくあいまいなことなんだ。」

「死亡をするといふことは私が一人で死ぬのですか。」豚は又金切声で斯うきいた。

「うん、すっかりさうでもないな。」

「いやです、いやです、そんならいやです。どうしてもいやです。」豚は泣いて叫んだ。

「いやかい。それでは仕方ない。お前もあんまり恩知らずだ。犬猫にさへ劣ったやつだ。」校長はぷんぷん怒り、顔をまっ赤にしてしまひ証書をポケットに手早くしまひ、大股に小屋を出て行った。

「どうせ犬猫なんかには、はじめから劣ってゐますよう。わあ」豚はあんまり口惜しさや、悲しさが一時にこみあげて、もうあらんかぎり泣きだした。けれども半日ほど泣いたら、二晩も眠らなかった疲れが、一ぺんにどっと出て来たのでつい泣きながら寝込んでしまふ。その眠りの中でも豚は何べんも何べんもおびえ、手足をぶるっと動かした。

 ところがその次の日のことだ。あの畜産の担任が、助手を連れて又やって来た。そして例のたまらない、目付きで豚をながめてから、大へん機嫌の悪い顔で助手に向ってかう云った。

「どうしたんだい。すてきに肉が落ちたぢゃないか。これぢゃまるきり話にならん。百姓のうちで飼ったってこれ位にはできるんだ。一体どうしたてんだらう。心当りがつかないかい。頬肉なんかあんまり減った。おまけにショウルダアだって、こんなに薄くちゃなってない。品評会へも出せぁしない。一体どうしたてんだらう。」

 助手は唇へ指をあて、しばらくじっと考へて、それからぼんやり返事した。

「さあ、昨日の午后に校長が、おいでになっただけでした。それだけだったと思ひます。」

 畜産の教師は飛び上る。

「校長? さうかい。校長だ。きっと承諾書を取らうとして、すてきなぶまをやったんだ。おぢけさせちゃったんだな。それでこいつはぐるぐるして昨夜一晩寝ないんだな。まづいことになったなあ。おまけにきっと承諾書も、取り損ねたにちがひない。まづいことになったなあ。」

 教師は実に口惜しさうに、しばらくキリキリ歯を鳴らし腕を組んでから又云った。

「えい、仕方ない。窓をすっかり明けて呉れ。それから外へ連れ出して、少し運動させるんだ。む茶くちゃにたゝいたり走らしたりしちゃいけないぞ。日の照らない処を、厩舎の陰のあたりの、雪のない草はらを、そろそろ連れて歩いて呉れ。一回十五分位、それから飼料をやらないで少し腹を空かせてやれ。すっかり気分が直ったらキャベヂのいゝ処を少しやれ。それからだんだん直ったら今まで通りにすればいゝ。まるで一ヶ月の肥育を、一晩で台なしにしちまった。いゝかい。」

「承知いたしました。」

 教師は教員室へ帰り豚はもうすっかり気落ちして、ぼんやりと向ふの壁を見る、動きも叫びもしたくない。ところへ助手が細い鞭を持って笑って入って来た。助手は囲ひの出口をあけごく叮嚀に云ったのだ。

「少しご散歩はいかゞです。今日は大へんよく晴れて、風もしづかでございます。それではお供いたしませう、」ピシッと鞭がせなかに来る、全くこいつはたまらない、ヨークシャイヤは仕方なくのそのそ畜舎をでたけれど胸は悲しさでいっぱいで、歩けば裂けるやうだった。助手はのんきにうしろから、チッペラリーの口笛を吹いてゆっくりやって来る。鞭もぶらぶらふってゐる。

 全体何がチッペラリーだ。こんなにわたしはかなしいのにと豚は度々口をまげる。時々は「えゝもう少し左の方を、お歩きなさいましては、いかゞでございますか。」なんて、口ばかりうまいことを云ひながら、ピシッと鞭を呉れたのだ。(この世はほんたうにつらいつらい、本当に苦の世界なのだ。)こてっとぶたれて散歩しながら豚はつくづく考へた。

「さあいかゞです、そろそろお休みなさいませ。」助手は又一つピシッとやる。ウルトラ大学生諸君、こんな散歩が何で面白いだらう。からだの為も何もあったもんぢゃない。

 豚は仕方なく又畜舎に戻りごろっと藁に横になる。キャベヂの青いいゝ所を助手はわづか持って来た。豚は喰べたくなかったが助手が向ふに直立して何とも云へない恐い眼で上からじっと待ってゐる、ほんたうにもう仕方なく、少しそれを噛じるふりをしたら助手はやっと安心して一つ 「ふん。」と笑ってからチッペラリーの口笛を又ふきながら出て行った。いつか窓がすっかり明け放してあったので豚は寒くて耐らなかった。

 こんな工合にヨークシャイヤは一日思ひに沈みながら三日を夢のやうに送る。

 四日目に又畜産の、教師が助手とやって来た。ちらっと豚を一眼見て、手を振りながら助手に云ふ。

「いけないいけない。君はなぜ、僕の云った通りしなかった。」

「いゝえ、窓もすっかり明けましたし、キャベヂのいゝのもやりました。運動も毎日叮嚀に、十五分づつやらしてゐます。」

「さうかね、そんなにまでもしてやって、やっぱりうまくいかないかね、ぢゃもうこいつは痩せる一方なんだ。神経性栄養不良なんだ。わきからどうも出来やしない。あんまり骨と皮だけに、ならないうちにきめなくちゃ、どこまで行くかわからない。おい。窓をみなしめて呉れ。そして肥育器を使ふとしよう、飼料をどしどし押し込んで呉れ。麦のふすまを二升とね、阿麻仁を二合、それから玉蜀黍の粉を、五合を水でこねて、団子にこさへて一日に、二度か三度ぐらゐに分けて、肥育器にかけて呉れ給へ。肥育器はあったらう。」

「はい、ございます。」

「こいつは縛って置き給へ。いや縛る前に早く承諾書をとらなくちゃ。校長もさっぱり拙いなぁ。」

 畜産の教師は大急ぎで、教舎の方へ走って行き 助手もあとから出て行った。

 間もなく農学校長が、大へんあわててやって来た。豚は身体の置き場もなく鼻で敷藁を掘ったのだ。

「おおい、いよいよ急がなきゃならないよ。先頃の死亡承諾書ね、あいつへ今日はどうしても、爪判を押して貰ひたい。別に大したことぢゃないよ。押して呉れ。」

「いやですいやです。」豚は泣く。

「厭だ? おい。あんまり勝手を云ふんぢゃない、その身体は全体みんな、学校のお陰で出来たんだ。これからだって毎日麦のふすま二升阿麻仁二合と玉蜀黍の、粉五合づつやるんだぞ、さあいゝ加減に判をつけ、さあつかないか。」

 なるほど斯う怒り出して見ると、校長なんといふものは、実際恐いものなんだ。豚はすっかりおびえて了ひ、

「つきます。つきます。」と、かすれた声で云ったのだ。

「よろしい、では。」と校長は、やっとのことに機嫌を直し、手早くあの死亡承諾書の、黄いろな紙をとり出して、豚の目の前にひろげたのだ。

「どこへつけばいゝんですか。」豚は泣きながら尋ねた。

「こゝへ。おまへの名前の下へ。」校長はじっと眼鏡越しに、豚の小さな眼を見て云った。豚は口をびくびく横に曲げ、短い前の右肢を、きくっと挙げてそれからピタリと印をおす。

「うはん。よろしい。これでいゝ。」校長は紙を引っぱって、よくその判を調べてから、機嫌を直してかう云った。戸口で待ってゐたらしくあの意地わるい畜産の教師がいきなりやって来た。

「いかゞです。うまく行きましたか。」

「うん。 まあできた。 ではこれは、あなたにあげて置きますから。 えゝ、肥育は何日ぐらゐかね、」

さあいづれ模様を見まして、鶏やあひるなどですと、きっと間違ひなく肥りますが、斯う云ふ神経過敏な豚は、或いは強制肥育では甘く行かないかも知れません。」

「さうか。なるほど。とにかくしっかりやり給へ。」

 そして校長は帰って行った。今度は助手が変てこな、ねぢのついたズックの管と、何かのバケツを持って来た。畜産の教師は云ひながら、そのバケツの中のものを、一寸つまんで調べて見た。

「そいぢゃ豚を縛って呉れ。」助手はマニラロープを持って、囲ひの中に飛び込んだ。豚はばたばた暴れたがたうとう囲の隅にある、二つの鉄の環に右側の、足を二本共縛られた。

「よろしい、それではこの端を、咽喉へ入れてやって呉れ。」畜産の教師は云ひながら、ズックの管を助手に渡す。

「さあ口をお開きなさい。さあ口を。」 助手はしづかに云ったのだが、豚は堅く歯を食ひしばり、どうしても口をあかなかった。

「仕方ない。こいつを噛ましてやって呉れ。」短い鋼の管を出す。

 助手はぎしぎしその管を豚の歯の間にねぢ込んだ。豚はもうあらんかぎり、怒鳴ったり泣いたりしたが、たうとう管をはめられて、咽喉の底だけで泣いてゐた。助手はその鋼の管の間から、ズックの管を豚の咽喉まで押し込んだ。

「それでよろしい。ではやらう。」教師はバケツの中のものを、ズック管の端の漏斗に移して、それから変な螺旋を使ひ食物を豚の胃に送る。豚はいくら呑むまいとしても、どうしても咽喉で負けてしまひ、その練ったものが胃の中に、入ってだんだん腹が重くなる。これが強制肥育だった。

 豚の気持の悪いこと、まるで夢中で一日泣いた。

 次の日教師が又来て見た。

「うまい、肥った。効果がある。これから毎日小使と、二人で二度づつやって呉れ。」

 こんな工合でそれから七日といふものは、豚はまるきり外で日が照ってゐるやら、風が吹いてるやら見当もつかず、たゞ胃が無暗に重苦しくそれからいやに頬や肩が、ふくらんで来ておしまひは息をするのもつらいくらゐ、生徒も代る代る来て、何かいろいろ云ってゐた。

 あるときは生徒が十人ほどやって来てがやがや斯う云った。

「ずゐぶん大きくなったなあ、何貫ぐらゐあるだらう。」

「さあ先生なら一目見て、何百目まで云ふんだが、おれたちぢゃちょっとわからない。」

「比重がわからないからなあ。」

「比重はわかるさ比重なら、大抵水と同じだらう。」

「どうしてそれがわかるんだい。」

「だって大抵さうだらう。もしもこいつを水に入れたら、きっと沈みも浮びもしない。」

「いゝやたしかに沈まない、きっと浮ぶにきまってる。」

「それは脂肪のためだらう。けれど豚にも骨はある。それから肉もあるんだから、たぶん比重は一ぐらゐだ。」

「比重をそんなら一として、こいつは何斗あるだらう。」

「五斗五升はあるだらう。」

「いゝや五斗五升などぢゃない。少なく見ても八斗ある。」

「八斗なんかぢゃきかないよ。たしかに九斗はあるだらう。」

「まあ、七斗としよう。七斗なら水一斗が五貫だから、こいつは丁度三十五貫。」

「三十五貫はあるな。」

 こんなはなしを聞きながら、どんなに豚は泣いたらう。なんでもこれはあんまりひどい。ひとのからだを枡ではかる。七斗だの八斗だのといふ。

 さうして丁度七日目に又あの教師が助手と二人、並んで豚の前に立つ。

「もういゝやうだ。丁度いゝ。この位まで肥ったらまあ極度だらう。この辺だ。あんまり肥育をやり過ぎて、一度病気にかゝってもまたあとまはりになるだけだ。丁度あしたがいゝだらう。今日はもう餌をやらんでくれ。それから小使と二人してからだをすっかり洗って呉れ。敷藁も新らしくしてね。いゝか。」

「承知いたしました。」

 豚はこれらの問答を、もう全身の勢力で耳をすまして聴いて居た。(いよいよ明日だ、それがあの、証書の死亡といふことか。いよいよ明日だ、明日なんだ。 一体どんな事だらう、つらいつらい。)あんまり豚はつらいので、頭をゴツゴツ板へぶっつけた。

 そのひるすぎに又助手が、小使と二人やって来た。そしてあの二つの鉄環から、豚の足を解いて助手が云ふ。

「いかゞです、今日は一つ、お風呂をお召しなさいませ。すっかりお仕度ができて居ます。」

 豚がまだ承知とも、何とも云はないうちに、鞭がピシッとやって来た。豚は仕方なく歩き出したが、あんまり肥ってしまったので、もううごくことの大儀なこと、三足で息がはあはあした。

 そこへ鞭がピシッと来た。豚はまるで潰れさうになり、それでもやうやう畜舎の外まで出たら、そこに大きな木の鉢に湯が入ったのが置いてあった。

「さあ、この中にお入りなさい。」助手が又一つパチッとやる。豚はもうやっとのことで、ころげ込むやうにしてその高い縁を越えて、鉢の中へ入ったのだ。

 小使が大きなブラッシをかけて、豚のからだをきれいに洗ふ。そのブラッシをチラッと見て、豚は馬鹿のやうに叫んだ。といふわけはそのブラッシが、やっぱり豚の毛でできた。豚がわめいてゐるうちにからだがすっかり白くなる。

「さあ参りませう。」助手が又、一つピシッと豚をやる。

豚は仕方なく外に出る。寒さがぞくぞくからだに浸みる。豚はたうとうくしゃみをする。

「風邪をひきますぜ、こいつは。」小使が眼を大きくして云った。

「いゝだらうさ。腐りがたくて。」助手が苦笑して云った。

 豚が又畜舎へ入ったら、敷藁がきれいに代へてあった。寒さはからだを刺すやうだ。それに今朝からまだ何も食べないので、胃ももうからになったらしく、あらしのやうにゴウゴウ鳴った。

 豚はもう眼もあけず頭がしんしん鳴り出した。ヨークシャイヤの一生の間のいろいろな恐ろしい記憶が、まるきり廻り燈籠のやうに、明るくなったり暗くなったり、頭の中を過ぎて行く。さまざまな恐ろしい物音を聞く。それは豚の外で鳴ってるのか、あるいは豚の中でなってるのか、それさへわからなくなった。そのうちもういつか朝になり教舎の方で鐘が鳴る。間もなくがやがや声がして、生徒が沢山やって来た。助手もやっぱりやって来た。

「外でやらうか。外の方がやはりいゝやうだ。連れ出して呉れ。おい。連れ出してあんまりギーギー云はせないやうにね。まづくなるから。」

 畜産の教師がいつの間にか、ふだんとちがった茶いろなガウンのやうなものを着て入口の戸に立ってゐた。

 助手がまじめに入って来る。

「いかゞですか。天気も大変いゝやうです。今日少しご散歩なすっては。」又一つ鞭をピチッとあてた。豚は全く異議もなく、はあはあ頬をふくらせて、ぐたっぐたっと歩き出す。前や横を生徒たちの、二本づつの黒い足が夢のやうに動いてゐた。

 俄かにカッと明るくなった。外では雪に日が照って豚はまぶしさに眼を細くし、やっぱりぐたぐた歩いて行った。

 全体どこへ行くのやら、向ふに一本の杉がある、ちらっと頭をあげたとき、俄かに豚はピカッといふ、はげしい白光のやうなものが花火のやうに眼の前でちらばるのを見た。そいつから億百千の赤い火が水のやうに横に流れ出した。天上の方ではキーンといふ鋭い音が鳴ってゐる。横の方ではごうごう水が湧いてゐる。さあそれからあとのことならば、もう私は知らないのだ。とにかく豚のすぐよこにあの畜産の、教師が、大きな鉄槌を持ち、息をはあはあ吐きながら、少し青ざめて立ってゐる。又豚はその足もとで、たしかにクンクンと二つだけ、鼻を鳴らしてじっとうごかなくなってゐた。

 生徒らはもう大活動、豚の身体を洗った桶に、も一度新らしく湯がくまれ、生徒らはみな上着の袖を、高くまくって待ってゐた。

 助手が大きな小刀で豚の咽喉をザクッと刺しました。

 一体この物語は、あんまり哀れ過ぎるのだ。もうこのあとはやめにしよう。とにかく豚はすぐあとで、からだを八つに分解されて、厩舎のうしろに積みあげられた。雪の中に一晩漬けられた。

 さて大学生諸君、その晩空はよくはれて、金牛宮もきらめき出し、二十四日の銀の角、つめたく光る弦月が、青じろい水銀のひかりを、そこらの雲にそゝぎかけ、そのつめたい白い雪の中、戦場の墓地のやうに積みあげられた雪の底に、豚はきれいに洗はれて、八きれになって埋まった。月はだまって過ぎて行く。夜はいよいよ冴えたのだ。

 

facebook
facebook
どなたもいいね!を押して下さい。
決してご遠慮はありません。


youtube
まあ、あたしいつか見たいわ。
魚の口の形の星だなんてまあどんなに立派でせう。
それは立派ですよ。僕YouTubeで見ましたがね。

youtube

twitter
へん。誰か何か云ってるぜ。
赤いお方だろうか。鼠色のお方だろうか。
一つフォローをお見舞しますかな。